糖質制限ダイエットは危険という意見と評価

テレビ番組や雑誌などで糖質制限ダイエットが話題になっています。

米やパンや麺など主食を食べている日本人の炭水化物摂取量は多いと言われています。

海外では「主食」という言葉がないので、すべての食材をバランスよく食べています。

日本人の糖質摂取量は、角砂糖に換算すると平均で1日70個から80個摂っているそうです。

米や麺など炭水化物を抜いた食事をすると確かに痩せることができます。

しかし炭水化物を抜く危険性をとなえる医師も多いので長期間続けることはNGです。

糖質は必要ない???

実は、糖質が体に必要なのか?そでないのか?という議論は専門家の間でも分かれています。

特に炭水化物を主食としてきた日本人の間でもバッキリとした答えが出ていません。

糖質は脳のエネルギー源なので摂らないと頭が働かないという専門家もいますし

脳が使うエネルギーである糖質は体内で合成されるから食べ物で摂取する必要はない!

という説があるなど、それぞれの議論が別れているのです。

また糖質の摂取を極度に抑えてしまうとケトン血症を起こすという説もあります。

糖質を食べない民族もいます!

糖質を摂り過ぎるとドロドロ血液になったり、肥満の原因になるのは間違いありません。

また高血圧や糖尿病やうつ病など生活習慣病の原因になるとも言われています。

このように糖質の摂り過ぎと生活習慣病の関係を調べている専門家の話では

一切糖質を食べずに肉中心の食生活を送っているのに生活習慣病にならない民族もいるそうです。

それは極寒地に住むエスキモーや砂漠に住む遊牧民です。

そもそも糖質を含む食べ物がないので、必然的にアザラシなど肉食の生活をしています。

それなのに高血圧や糖尿病になる人は殆どいないそうです。

しかし、この人たちが現代社会で生活すると、すぐに生活習慣病になるという

恐ろしいデータも発表されているらしいのです。

つまり、それだけ糖質は体に悪いという説もあることは事実なのです。

さらに高血圧や糖尿病の治療に糖質を摂らない食事法を導入すると

本当に高血圧や糖尿病が治ると言われているので驚きです。

その後、糖質を摂らない生活を生涯続けるのか?わたしには解りませんが

一時的な効果としては予想以上の結果がでると言われています。

実際にわたしも糖質の摂り過ぎには、かなり注意して生活しています。

1日3回の食事でも、1回あたりのご飯の量は、お茶碗で軽く一杯に抑えています。

正確に量を測ったことはありませんが、120g~150gで抑えています。

また天婦羅や豚カツなど揚げ物も炭水化物の塊を食べているようなものです。

ここで米や麺類を一緒に食べていたら、凄い量を摂ることになってしまいます。

つまり普通の生活でも、炭水化物を多く食べれば太るのですから

意識的に炭水化物の摂取量には注意が必要ではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です